数ある北海道知床羅臼の魚介類の中でも、漁獲量が少なかったり、

調理方法がわからなかったり、今まで日の目を見なかったものに注目して、

業務用加工やレシピ提供などしていきながら、

知られざる羅臼の魅力をお届けしていきます。


身の柔らかさが自慢の箸で切れるほどの烏賊

まぼろしのドスいか

北海道知床羅臼町近海でホッケやスケソウタラと一緒に漁獲される「まぼろしのドスいか」。

この「ドスいか」を漁獲するためだけの漁網はなく、たまたま漁獲される貴重な食材です。

漁獲量が極端に少なく、鮮度管理も難しいことから入手困難とされています。

とれたての「ドスいか」をその日のうちにゴロ抜きをし、湯通ししています。

箸で切れるほどの柔らかさを体感してください。


知床羅臼で獲れる「ラウスツブ」入手困難必至です

肉厚な知床「ラウスツブ」

故羅臼漁業協同組合長、長川吾郎氏が採取し、その名が付いた正式名称「オサガワバイ」。

「ラウスツブ」は知床羅臼でも漁獲量が非常に少なく、希少価値の高い食材の一つです。

本当に流量が少ないため、知っていたら、その道のプロだと言わしめるほど。

柔らかな殻を剥き、真ん中に包丁を入れて開いてあります。

火を通しても固くならず甘みがあります。

年間での漁獲量からして、入荷待ちになる可能性大!お早めに。