知床・羅臼について

北海道、知床半島の南東半を占める漁業の町、羅臼町。

知床連山から流れ込む水と、深い根室海峡に育まれた豊かな海では、

昆布、鮭、イカ、ウニ、スケソウダラ、きんきなど、
一年を通して様々な魚介類が水揚げされています。

羅臼昆布と秋鮭は羅臼ブランドとして珍重されています。


羅臼昆布

知床半島羅臼沿岸で採取されるオニコンブを「羅臼昆布」と言います。羅臼昆布は、香りがよく、濃厚でコクのあるだしが取れるため、真昆布と並ぶ高級昆布とされています。

羅臼では天然の他に養殖も盛んです。養殖物は特に柔らかく、口当たりが良いので、そのまま食べても美味。だし用の他に、昆布茶やおしゃぶり昆布などに加工されています。

ミネラル豊富な昆布は健康食品としても注目されています。


羅臼の鮭

羅臼は日本有数の秋鮭の産地です。9月上旬から11月下旬、知床半島の突端から約80kmの範囲が漁場で、定置漁法で水揚げされています。「秋鮭」は捨てるところのない魚と言われ、アラや中骨は鍋や汁物に、頭の軟骨は「なます」に、中骨は昆布巻、内蔵は塩辛などに調理して食べられています。当社では秋鮭頭部の氷頭を用いた、硫酸コンドロイチン原料を製造しております。